コース案内

1903年 開場、日本最古のゴルフコース

Kobe Golf Club

各ホールNo.クリックでコース詳細が開きます。

Founded 1903

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
拡大表示する

1903年9ホールでスタートし1904年18ホールとなり、改造を重ねて1929年に概ね現在のコースレイアウトとなっている。コースの設計はオリジナルメンバーであった、Scotland出身のAdamsonとMcMurtieによって行われた。

パー3とパー4のみでパー5はない。典型的な山岳コースで距離も短くグリーンも小さく、グリーンを外した時は深いラフが待ち構えており、正確なショットとデリケートなピッチングショットが要求される。キャディーの負担を考慮して、クラブは10本以内に制限しているが、少ないクラブで考えながらプレーするのも楽しみの1つである。

page top

コースの詳細情報

TOTAL
BACK TEE 4,049yds   FRONT TEE 3,851yds   PAR 61
OUT
No 1 2 3 4 5 6 7 8 9
HDCP 14 18 12 4 10 8 2 6 16  
BACK TEE 180 176 188 195 202 193 275 216 174 1,799
FRONT TEE 170 173 182 185 202 183 260 206 149 1,710
PAR 3 3 4 3 3 3 4 4 3 30
IN
No 10 11 12 13 14 15 16 17 18
HDCP 15 11 3 9 13 1 5 17 7  
BACK TEE 167 190 346 220 176 396 366 131 258 2,250
FRONT TEE 155 180 331 193 176 396 366 121 223 2,141
PAR 3 3 4 3 3 4 4 3 4 31
page top

各ホールの愛称とその由来

No. 愛称 由来
1 Dumpie このホールでホールインワンをした人にグルーム愛飲のウイスキーDumpie1箱を倶楽部から贈ることから
2 Kobe ティグラウンドに立つと神戸の港と街が見渡せることから
3 Bishop's グリーンの向こうに松陰女学校 Foss 校長の山荘があったので
4 Styx 『ステュクス川』(ギリシャ神話)三途の川、ティグラウンドの下に小川が流れていた
5 Yokohama フレンドリーライバルの横浜の名をとって
6 Rokkosan 神戸ゴルフ倶楽部全コースの中心に位置する
7 Pons Asinorum 池があって、スコアを崩す人が多く、難解な池という意味。数学者のユークリッドの公理から
8 Excelsior 『より高く』という意味で、きびしい坂を打ち上げる
9 Kuban 九番
10 The Boundary 『境界』とよばれ、気持ちを入れ替えて心機一転インコースへ
11 Doctor's Nob 『医者の頭』初代プレジデントDr.Thornicraftの大あたまをもじって
12 Long Vallery 『長い谷』ティグラウンドから長い谷を越えて打った
13 Purgatory 『苦難の関所』地獄極楽の分かれ路
14 Paradise 13番を無事に過ぎればここは『パラダイス』、すべて上りで楽園への道は大変
15 Groom's Putt グルームが『パター1本で勝負しよう』と持ちかけた最長のホール
16 Quarry 『石切り場』コース右の小山に石切り場があった
17 Shorty 最短ホール
18 Deoch an Doruis ゲール語で、これで終わるので『一杯やって帰ろう』の意味
page top