コース案内

No.1

ティグラウンドとグリーンをはさんでホールの中央部が谷のように窪んでいる。したがって、ティ前とグリーン手前はかなりな急坂。さらにグリーンの奥もラフが深くきつい坂で、正確にグリーンをとらえないとトラブルが起きやすい。グリーン右手前は、やや平坦なエリアになっているから、ここにボールを運んでアプローチでピンに寄せるプレイヤーも多い。

BACK TEE 180yds FRONT TEE 170yds PAR 3
page top