コース案内

No.18

ティショットは打ち下ろし、セカンドで少し打ち上げになる。やや左ドッグレッグの最終ホール。フェアウェイ自身も左傾斜していて、右手の斜面は笹熊のラフが深い。ティショットはクラブハウスに向けて打つようなイメージ。飛距離に自信のあるプレーヤーは谷越えのワンオンを狙う。グリーンのアンジュレーションはそれほどきつくない。

BACK TEE 258yds FRONT TEE 223yds PAR 4
page top